受付時間

ちねんスポーツ整骨院

map

スタッフブログ

踵骨骨端症(シーバー病、セーバー病)-子どもの踵の痛み-

踵骨骨端症(シーバー病、セーバー病)-子どもの踵の痛み-

こんにちは!

福岡市東区にあるちねんスポーツ整骨院です!

今回は、小学生(10歳前後)の踵の痛みで多いシーバー病について説明していきたいと思います!

 

踵骨骨端症(シーバー病)とは?

骨端症の一つで10歳前後の男児に多く、踵の軽い腫れや押した時の痛み、歩行痛、運動後の痛みなどが起こります。

また、踵の痛みのためつま先歩きになる場合もあります。

骨端症とは、骨が伸びる部分である骨端線にストレスが加わり続け骨端線部分に引き裂かれるような力が加わり起こります。

日本整形外科学会-踵骨骨端症-

踵骨骨端症(シーバー病)になる原因とは?

シーバー病は踵骨(かかとの骨)の骨端線に負担がかかり起こった怪我です。

踵骨に付く筋肉は腓腹筋やヒラメ筋がありこれらはアキレス腱として踵骨に付くため、アキレス腱に負担がかかり続けるような動き、姿勢などが原因になって起こることが多いです。

原因としては、

  • 足首の背屈(つま先を挙げる)制限
  • 浮き指
  • ふくらはぎの硬さ
  • 足底の硬さ
  • 扁平足
  • 足に合ってない靴
  • 靴底が硬すぎる
  • 猫背
  • 勉強やゲームの姿勢が悪い

などが挙げられます。

浮き指に関してはこちらから

足首の硬さやふくらはぎの硬さに関してはこちらから

子どもの姿勢に関してはこちらから

 

ちねんスポーツ整骨院での治療とは?

ちねんスポーツ整骨院での治療は、物理療法、骨格矯正、筋膜リリース、パーソナルエクササイズを行います。

物理療法では、超音波&ハイボルト微弱電流治療器エレサスを使い超音波による組織の早期回復効果とエレサスの電気的なアプローチで早期に痛みの除去や可動域改善していきます。

次に、踵骨骨端症(シーバー病)は先ほど説明した通りかかとだけの問題ではないということを理解してもらい全身の骨格矯正や筋膜リリースを行なっていきます。

でんでん太鼓の持ち手の部分を背骨と考えた時に背骨がスムーズに回れば腕や足が自然に動くようにな構造になっているため、かかとが痛くなったのも背骨の動きの悪さやそもそも姿勢が悪く動かせないというのも大きく関わっています。

ですので膝の治療だけでなく背骨の歪みを中心とした全身の治療を合わせて行なっていきます。

最後にパーソナルエクササイズで踵骨骨端症(シーバー病)が起こった原因である背骨の可動性や姿勢、体の使い方などを本来あるべき姿に戻したり、インナーマッスルを鍛えることで体幹を安定させかかとの負担を軽減させ根本からの改善を行なっていき今後の怪我を予防していきます。

 

踵骨骨端症(シーバー病)は放っておくとひどくなる一方です。

違和感や痛みを感じたらお早めにちねんスポーツ整骨院へご相談ください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《ちねんスポーツ整骨院》

📪福岡市東区名島2丁目27-23村山ビル1F

📞092-682-5088

💁‍♂️月火金・9:00~13:00、15:30~20:30

🕞木・15:30~20:30

🕘土日・9:00~13:00、14:30~18:00

⚠️(水木曜午前休診)

👟予約優先制

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

交通事故

スポーツ外傷

スポーツ障害

肩こり・腰痛根本治療

産後の骨盤矯正

子供の姿勢矯正

お問い合わせ

ちねんスポーツ整骨院

ちねんスポーツ整骨院

住所

〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27−23 村山ビル

予約

お電話でのご予約が可能です

休診日

祝日

最寄り駅

名島駅から徒歩5分
千早駅から7分

受付時間

招待状