受付時間

ちねんスポーツ整骨院

map

外反母趾

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 外反母趾のところが痛い
  • 足が疲れやすい
  • 足の裏やふくらはぎがよく攣る
  • 足の指の踏ん張りがきかない
  • 足の変形が強くなってきた
  • 靴を選ばないとはけない

外反母趾・内反小指とは?足の指の変形|福岡市東区 ちねんスポーツ整骨院

成人のおよそ30%にみられるといわれる外反母趾。

外反母趾とは親指が人差し指側に付け根からくの字に変形することで痛みが起こってくるものを言います。

原因としては足先が鋭くなるヒールを長時間履いたりすることが考えられ、その他肥満、筋力の低下、偏平足、足の歪みなどもリスクとして挙げられます。

ヒールを履かない男性にも起こりうるものです。

また逆の指(小指)にも同じような変形が起こることもあります。

小指の場合は内反小指といい、こちらは小指が薬指側にくの字に付け根から曲がるものを言います。

内反小指の原因としては上記の外反母趾と同様です。

これらは年齢問わず起こってくるもので、変形に関してはやはり高齢の方が強い傾向にあります。

外反母趾が改善しない/悪化する理由|福岡市東区 ちねんスポーツ整骨院

外反母趾が改善しない原因として考えられる1番の原因は、外反母趾になる方のほとんどが足の指を上手に使えていないことが考えられます。

また長時間ヒールを履くことで自身の筋力では足を支えられず、つま先の方に足を詰めたように履き、先の鋭い靴になると親指と小指が内側に締め付けられることになり、次第に変形することになる。

外反母趾、内反小指が一向に改善しない方は上記のようなことが頻繁に起こり、変形を誘発することを繰り返している方が多くいらっしゃいます。

確かに高いヒールはかっこよく、おしゃれで魅力的です。

しかし一般の方はモデルさんとは違い、普段からヒールで歩くトレーニングをしているわけではない為、筋力不足となり、どうしても先の細いつま先側に足を押し込む形になってしまいます。

このような使い方を続けてしまうと、どうしても指の変形を悪化させ、しまいには変形が固まり取り返しのつかないケースもございます。

何かおかしいと感じたらすぐにご相談ください。

外反母趾・内反小指の治療法とは?|福岡市東区 ちねんスポーツ整骨院

ちねんスポーツ整骨院では根本改善を目指していますので、患部の治療だけでなく、身体の使い方や全身の柔軟性、可動域を見ていきます。

外反母趾・内反小指の治療で大切なこと

  • ①指を使えているか?

  • ②指の可動域の正常化

  • ③筋力は足りているか?

  • ④体重が負担になっていないか?

  • ⑤全身の柔軟性は足りているか?

これらを重点的に治療とリハビリ・パーソナルエクササイズと行っていきます。

【患部の治療】

  • ①患部の炎症へ物理療法を用いり炎症を早期から抑える

  • ②これまで間違った使い方を繰り返し行ってきた足部のダメージはとても大きく、足部の筋肉のケアを手技で行う

  • ③足の指の可動域の獲得を行う

  • ④骨格の歪みを整えていく

  • ⑤指を思い通りに使えるパーソナルエクササイズを行う

  • ⑥足部を安定させるための筋力トレーニングを行う

  • ⑦筋力トレーニングと並行して全身の柔軟性を向上するパーソナルエクササイズを行う

外反母趾・内反小指には個人差がとてもあり、変形の進行具合により治療期間は幅広くなります。

よほど重症の場合OPEの対象となります。

外反母趾・内反小指は痛みが出るだけではなく、スポーツの場ではパフォーマンスを下げてしまう要因にもなります。

少しでも痛み・違和感がありましたらお早めにご相談ください。

福岡市東区ちねんスポーツ整骨院

お問い合わせ

ちねんスポーツ整骨院

ちねんスポーツ整骨院

住所

〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27−23 村山ビル

予約

お電話でのご予約が可能です

休診日

水曜・祝日・木曜午前

受付時間