受付時間

ちねんスポーツ整骨院

map

スタッフブログ

膝蓋腱炎

膝蓋腱炎

こんにちは!

福岡市東区にあるちねんスポーツ整骨院の山本です!

今回は、

膝の痛みである『膝蓋腱炎』について説明していきます!

 

膝蓋腱炎とは?

膝蓋腱炎とは別名ジャンパー膝とも言い、バスケットボールやバレーボールなどジャンプや着地動作を頻繁に行う競技やサッカーや陸上競技など蹴る動作やダッシュが多い競技で多く見られる使いすぎによる怪我です。

また、成長期では骨が伸びるスピードに筋肉の柔軟性がついてこれずに筋肉が固くなり怪我をしやすくなります。

 

膝蓋腱炎になる原因とは?

大きな原因は大腿四頭筋(太ももの筋肉)の柔軟性の低下が考えられます。

特に成長期では骨の成長に筋肉の柔軟性が追いつかず大腿四頭筋の腱部である膝蓋腱にストレスがかかり痛みが起こります。

 

それ以外にも大きな要因として普段の姿勢の悪さからくる体の使い方や関節の可動性の低下などによって大腿四頭筋を普段から過度に使ってしまい痛みが起こったり、痛みが引かない原因になります。

また、同じような原因で小中学生に起こりやすいオスグッド・シュラッター病の可能性もあります。

 

ちねんスポーツ整骨院での治療とは?

ちねんスポーツ整骨院での治療は、物理療法、骨格矯正、筋膜リリース、パーソナルエクササイズを行います。

物理療法では、超音波&ハイボルト、微弱電流治療器エレサスを使い超音波による組織の早期回復効果とエレサスの電気的なアプローチで早期に痛みの除去や可動域改善していきます。

次に、膝蓋腱炎は先ほど説明した通り膝だけの問題ではないということを理解してもらい全身の骨格矯正や筋膜リリースを行なっていきます。

でんでん太鼓の持ち手の部分を背骨と考えた時に背骨がスムーズに回れば腕や足が自然に動くようにな構造になっているため、膝が痛くなったのも背骨の動きの悪さやそもそも姿勢が悪く動かせないというのも大きく関わっています。

ですので膝の治療だけでなく背骨の歪みを中心とした全身の治療を合わせて行なっていきます。

最後にパーソナルエクササイズで膝蓋腱炎が起こった原因である背骨の可動性や姿勢、体の使い方などを本来あるべき姿に戻したり、インナーマッスルを鍛えることで体幹を安定させ膝の負担を軽減させ根本からの改善を行なっていき今後の怪我を予防していきます。

 

膝蓋腱炎は放っておくとひどくなる一方です。

違和感や痛みを感じたらお早めにちねんスポーツ整骨院へご相談ください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《ちねんスポーツ整骨院》

📪福岡市東区名島2丁目27-23村山ビル1F

📞092-682-5088

💁‍♂️月火金・9:00~13:00、15:30~20:30

🕞木・15:30~20:30

🕘土日・9:00~13:00、14:30~18:00

⚠️(水木曜午前休診)

👟予約優先制

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

交通事故

スポーツ外傷

スポーツ障害

肩こり・腰痛根本治療

産後の骨盤矯正

子供の姿勢矯正

お問い合わせ

ちねんスポーツ整骨院

ちねんスポーツ整骨院

住所

〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27−23 村山ビル

予約

お電話でのご予約が可能です

休診日

水曜・祝日・木曜午前

受付時間