受付時間

ちねんスポーツ整骨院

map

捻挫

こんな症状でお悩みではありませんか

こんな時に捻挫しやすい|福岡市東区ちねんスポーツ整骨院

  • スポーツをしている時
  • 急に走った時
  • 段差を登る時
  • 運動機能が落ちている時
  • 運動をしているとき
  • 靴のサイズが合ってない
  • 身体の柔軟性が低い
  • 体重が重い

捻挫とは?|福岡市東区 ちねんスポーツ整骨院

捻挫とは関節に力が加わって起こる怪我のうち骨折や脱臼を除いたもので、整形外科ではレントゲンで異常がない怪我は捻挫という診断になります。

捻挫をした際に靭帯や腱などの軟部組織や関節面の軟骨を損傷することにより痛みが出ます。

また、捻挫とは足だけに起こるものではなく指や膝でも起こり突き指などはその一つです。

捻挫が起こりやすい原因|福岡市東区 ちねんスポーツ整骨院

外傷の発生件数は男女ともに小学校高学年が最も多く部位別に見ると手や指の突き指が最も多くついで足関節捻挫が多いです。

小学校高学年に多くなる理由としては、小学校入学前は何もしなくても人間の本来あるべき姿勢や動きができるのですが小学校入学をきっかけに座ることが急激に増え、姿勢や骨格の歪みが出ていき本来の姿勢や動きとはかけ離れてしまいます。

しかし、頭では考えた通りに動けていると錯覚してしまうため頭と動きに差が出来てしまい運動時などの外傷が増えていってしまうことが予想されます。

したがって捻挫などの特にスポーツ外傷で当院に来院される多くの小中学生は姿勢の崩れや体の歪みが見受けられます。

捻挫が起こった時の対応|福岡市東区 ちねんスポーツ整骨院

もしスポーツや日常生活の中で捻挫が起こった場合、まず冷やしてください。

受傷後、どれだけ早く冷やせるかで今後の患部の状態が変わってくるのでスポーツ現場でもなるべくアイシング用の氷などは準備しておきましょう。

捻挫の時に患部を冷やす理由としては主に炎症の抑制です。

関節周辺の靭帯や血管や軟骨が損傷し内出血している可能性が高く、冷やすことにより炎症抑制効果に加え血管収縮効果による内出血部の止血効果もあるため腫れが引きやすくなります。

捻挫の治療とは?|福岡市東区 ちねんスポーツ整骨院

福岡市ちねんスポーツ整骨院では根本改善を目指していますので、患部の治療だけでなく、体の使い方や全身の柔軟性、可動域も見ていきます。

[患部の治療]

①問診、エコー検査、徒手検査

②患部の炎症へ物療機器を用いて炎症を早期から抑える

③足、足趾の可動域の獲得をしていく

④骨格の歪みを整える

⑤足、足趾を思い通りに動かせるパーソナルエクササイズを行う

⑥足部を安定させるために筋力トレーニングを行う

⑦全身の柔軟性を向上するパーソナルエクササイズを行う。

⑧栄養指導による組織回復

ちねんスポーツ整骨院では物療機器や手技による治療にプラス栄養指導をおこなっており、

栄養の偏りや不足が原因で靭帯や腱の柔軟性がなくなり怪我をする子どもも増えてきています。

怪我の早期回復やその後の外傷予防のためにも栄養面でサポートさせていただきます。

重症の場合整形外科同様のギプス固定を行い、患部の完全安静状態を作ります。

重症捻挫をテーピングなど中途半端に固定してしまうと、靭帯同士のくっつく回復が甘くなり、足関節に動揺性が残り、捻挫を再発するリスクが高まります。

当院では医学的根拠に基づいた処置を行います。

またエコーを用いた検査も行うため、仮に骨折を併発している場合でも見落としはありません。

骨折が見つかった場合、骨折用の固定(ギプス・石膏・プライトン)を行い連携している整形外科をご紹介いたします。

捻挫の治療は痛みで判断してしまうと違和感が残ることや捻挫癖と言われるものが残ることがとても多いです。

軽い捻挫でも痛みや違和感がありましたらお早めにご相談ください。

 

福岡市東区ちねんスポーツ整骨院 一同

お問い合わせ

ちねんスポーツ整骨院

ちねんスポーツ整骨院

住所

〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27−23 村山ビル

予約

お電話でのご予約が可能です

休診日

水曜・祝日・木曜午前

受付時間