受付時間

ちねんスポーツ整骨院

map

変形性膝関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

だんだん痛くなる膝の痛み|福岡市東区ちねんスポーツ整骨院

  • 歩き出し膝が痛い
  • しゃがむ時膝が痛い
  • 膝が痛くてしゃがめない
  • 立ちっぱなしが辛い
  • 長く歩くことができない

など日常生活において変形性膝関節症はいつでも悪影響を与えます

変形性膝関節症とは?|福岡市東区 ちねんスポーツ整骨院

膝の骨が変形し炎症で痛みが現れるものを変形性膝関節症と言います。

基本的に変形が強いものは整形外科で骨切りという手術や人工関節で治療を行います。

痛みがあっても変形が強いものではない限り手術は勧められず、保存療法(整形外科ではヒアルロン酸注射)で膝の動きをよくするあるいは、リハビリで機能改善を行うことが一般的です。

福岡市東区ちねんスポーツ整骨院では整形外科同様の手術はできませんが、患部の痛みを取り除く、リハビリで動きをよくすることができます。

【変形性膝関節症のステージ】

初期:関節軟骨がすり減り関節の隙間が狭くなる

   体を動かし始める際膝にこわばりなど違和感を覚えます。

   次第に正座、階段の上り下り、向きを変えるなどの動きで痛みを感じるようになります。

中期:更に軟骨がすり減り、関節の縁から骨棘がでる

   →関節液に骨片が混じり骨膜を刺激し痛む

   中期ではこれまで少し休めば痛みが引いていたがなかなか引かなくなってきます。

   次第に熱感や腫れも現れ外見上に変形が現れ始めます。

   関節軟骨がすり減り摩擦が大きくなることで、

   歩く際にきしむような音を確認できることもあります。

進行期:軟骨がなくなり骨と骨が直接ぶつかって激しい痛みを引き起こす

   →炎症により滑膜が肥厚してくる

   関節軟骨がほとんどなくなり、骨同士がぶつかって激烈な痛みを伴います。

   これまで挙げたことがすべて困難になり、日常生活に支障をきたします。

 

【膝関節の解剖】

膝の構造としては骨を覆うように関節軟骨があり、関節軟骨がすり減ることから変形性膝関節症が始まります。

変形性膝関節症がなかなか改善しない/悪化する理由|福岡市東区 ちねんスポーツ整骨院

第一に言えることは変形性膝関節症を抱える方のほとんどが全身の柔軟性が低下していることです。

そこを改善せずにいくら痛みに対して治療を行ってもまたすぐに痛みが繰り返し現れます。

患部の痛みにとらわれ過ぎて人間本来の構造面を疎かにすると負担の掛かるところが変わることはありません。

まずは膝の痛みを取り除きながら人体そのものの構造を正常化する必要があります。

 

変形性膝関節症は治療する側の一方的な治療だけでなく、患者様も自身で自分をよくするという気持ちもとても大切です。

福岡市東区ちねんスポーツ整骨院では院内で行う治療の他に患者様にご自宅でできる体操やリハビリなども手取り足取りアドバイスをさせて頂いております。

痛みを取り除くのではなく、その先の痛みに悩まされない身体作りを提供しております。

変形性膝関節症の治療法とは?|福岡市東区 ちねんスポーツ整骨院

福岡市東区ちねんスポーツ整骨院の変形性膝関節症の治療

①問診・エコー検査(内出血・炎症)にて目で確認、可動域チェック

②物療機器にて炎症を抑える治療、回復を早める治療を行う

③必要に応じてテーピング

④患部周辺の筋肉の調整

⑤患部に負担の掛からない骨格の歪みの改善

⑥身体操作トレーニング(リハビリ含む)パーソナルエクササイズ

福岡市ちねんスポーツ整骨院では怪我を治すのは当たり前

痛みに悩まされない身体作りを行っております。

ちねんスポーツ整骨院には施術スペースの他にトレーニングスペースもしっかり確保し、

これまでにない、動かすこと(運動療法)も行える施設です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

 

福岡市東区ちねんスポーツ整骨院 一同

お問い合わせ

ちねんスポーツ整骨院

ちねんスポーツ整骨院

住所

〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27−23 村山ビル

予約

お電話でのご予約が可能です

休診日

水曜・祝日・木曜午前

受付時間