受付時間

ちねんスポーツ整骨院

map

スタッフブログ

膝の痛み・変形性膝関節症ー私たち『膝』は被害者であるー

膝の痛み・変形性膝関節症ー私たち『膝』は被害者であるー

みなさんこんにちは!

福岡市東区にあるちねんスポーツ整骨院の山本です!

膝の痛みは多くの人特に女性に多い悩みの一つではないでしょうか?

今回はそんな『膝の痛み』について説明していこうと思います!

 

膝の痛みについて

  • 変形膝関節症
  • 半月板損傷
  • 靭帯断裂
  • 膝蓋大腿関節症
  • オスグッドシュラッター
  • ペルテス病

などひと口に膝の痛みと言ってもたくさんのことが予想されます。
年齢、体重、姿勢、画像所見、日常生活、仕事内容、などなど

同じ様な場所が痛み、年齢、体型、が同じでも別の原因であることはとても多いです。

膝が痛む年齢を重ねた女性たちは整形外科に行き、レントゲンなどをとってもらうことも多いと思います。

『半月板がすり減ってますね』

『膝の変形が少しあります』

『関節の間が少し狭くなってますよ』

など関節に問題があると説明されることが多いかと思います。

しかし、なぜ関節に問題があるのか?

  • 加齢
  • 水分量の不足
  • 体重

なども確かにありますが、それだけではありません。

病院では聞くことのできない膝に負担がかかるワケを説明していきます。

 

足首の硬さや股関節が原因!?

人間の関節は『動くのが得意な関節』と『安定が得意な関節』の2種類があります。

上図の通り、

『動くのが得意な関節』と『安定が得意な関節』は交互に並んでいます。

今回は膝の痛みを題材にしているため、膝の痛みがなぜ起こるかを上図と併せながら説明していきます。

 

膝が痛くなるのはあくまで『結果』です。ではなぜ痛くなったのか、始まりは腰や背中の背骨がきっかけかもしれません。

 

①座りすぎで腰が丸くなる。
腰はもともと軽く前に反るような形をしています。
また、腰と股関節はとても密接な関係にあり腰が本来の動きを損なうと股関節まで動く範囲を制限されてしまいます。

 

②股関節が動かない。
腰が丸くなり股関節が動かなくなっています。
なぜ股関節が動かなくなるとダメなのか?
それは『股関節がそもそも動かないといけない関節だから』です。

股関節が動かなくても体は動かさなくてはいけません。
そうなると『安定が得意な関節』が動き出します。

今回の場合だと『膝』です。

 

③膝が大きく動き出す。

膝はもともと安定が得意なので大きく動く関節ではありません。

しかし、股関節が動かない今、膝が大きく動くしか体を動かす方法はありません。
本来、大きく動くはずのない関節が動くため関節自体に負担が大きくかかります。

④膝に負担がかかる。

負担は関節だけでなく膝を支える靭帯や筋肉など様々です。
そういったものが普段と違う動きを強要されるため痛みになります。

これが長期化すると変形性膝関節症などになります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

ひと口に膝の痛みと言っても膝だけが悪いのではなく
むしろ膝は被害者だということがわかっていただければ普段の生活でも意識すべきことが見えてくるかと思います。

 

先述した通り、膝の痛みは長期化すると変形性膝関節症など重大な疾患に繋がります。
膝の痛みや腰の痛みなどを感じた場合はお早めに福岡市東区のちねんスポーツ整骨院へご相談ください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《ちねんスポーツ整骨院》

📪福岡市東区名島2丁目27-23村山ビル1F

📞092-682-5088

💁‍♂️月火金・9:00~13:00、15:30~20:30

🕞木・15:30~20:30

🕘土日・9:00~13:00、14:30~18:00

⚠️(水木曜午前休診)

👟予約優先制

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

交通事故

スポーツ外傷

スポーツ障害

肩こり・腰痛根本治療

産後の骨盤矯正

子供の姿勢矯正

お問い合わせ

ちねんスポーツ整骨院

ちねんスポーツ整骨院

住所

〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目27−23 村山ビル

予約

お電話でのご予約が可能です

休診日

祝日

最寄り駅

名島駅から徒歩5分
千早駅から7分

受付時間

招待状